EVENT

【ワークショップレポート】まるめて。こねて。「さわる」を楽しむねんどあそび

7月の平日に開催したワークショップは、「粘土遊び」


次から次へと粘土の形を変えていく、「粘土体操」で、
とにかく粘土にたくさん触ることを楽しむワークショップです。

使うのは紙粘土。
とても手触りが良くて滑らかな紙粘土で、
とにかくよく伸びます。



伸びます。



とても伸びます。



びよーんとのばして、こねて、のばして、こねて。
ころころ丸めて、へびみたいにながーくのばして。
トントンと叩きながら、四角くサイコロみたいにしたりもして。



へびのように長くするときも、両手をすり合わせるようにして長くするのもいいし、
机をうまくつかってコロコロしながら長くするのもいいですね。

作る形によって、指や手のひらの使う部位も、力のかけ具合も変わってきます。

最後に色もつけました。
粘土の上に水彩絵の具をちょこんとのせます。
つつんで、のばして、のばして、のばしていくと、
白い粘土がだんだんと色付いていきます。


色がつくと、「これを作ってみたいな」と、
また新たな創作意欲がわいてきます。


簡単に自由に形を変えられて、ちょっと失敗してもすぐにやり直せる紙粘土は、
幼少期の遊びにぴったりです。


たくさん粘土に触れた時間でした。


「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」では、
毎月違ったワークショップを開催しています。


9月のワークショップは、
平日は「マラカス作り」
土日祝日は「ランプシェード作り」です。

初めての方も、何回も来てくれている方も、
みなさま是非体験してみてくださいね!



news image

May 8, 2018